家

倉庫の中の家

倉庫の中に

家って作ることできますか?

 

(Kさん/30代男性)

倉庫の中の家-otona_renovation_k-02-2

「倉庫の中に家って作れますか?」

倉庫の中の家-otona_renovation_k-03

 Kさんとのご縁は、以前ご両親の依頼で母屋をフルリノベーションさせていただいたことが始まりです。その母屋と同じ敷地内にある、木造の離れと鉄骨の倉庫。Kさんは結婚してお子さんが生まれたのを機に、この離れをリノベーションして住むことに決めました。

 でも家族4人で暮らすには少しボリュームが足らないと感じた平屋の離れ。そこで、隣にくっついて建てられていた鉄骨の倉庫の中に、家を増築することに。

倉庫の中の家-otona_renovation_06-2k-

 こうして、建物の中に建物がある、とても不思議で面白い家づくりが始まりました。

 倉庫の中の家-otona_renovation_k-04既存の木造平屋の離れ

 倉庫の中の家-otona_renovation_k-05離れの隣に建つ、鉄骨の倉庫

 

 平屋の離れを解体してみると、小屋裏には直径35~40センチの立派な丸太の梁が。既存の家では隠れていたこの梁を、勾配天井にして表しにすることに。リビングの上にどんと架かる力強い梁の存在は、間取りや内装が新しく生まれ変わっても、この家の長い歴史を感じさせます。

 決して広くはない家ですが、狭くても間取り次第でたちまち暮らしやすい家へと変わります。間取りに正解はありません。他人には不便だと感じる家でも、そこに住む家族が暮らしやすいと感じるのなら、それが正解。生活パターンや家事動線など、暮し方に合わせて、間取りはどんな風にも変えられます。

倉庫の中の家-otona_renovation_k-07

倉庫の中の家-otona_renovation_k-08

 

スケルトン状態にして悪い所を取り除き、取り替えます。耐震性能や断熱性能は、新築と同等以上に。固定資産税が変わらないのもリノベーションの魅力の一つ。

倉庫の中のアウトドアリビング

倉庫の中の家-otona_renovation_k-9-2

屋根のある倉庫の中に家を増築するのなら…

その一角にアウトドアリビングを作ろうか。

 

天窓をつけて明かりを採って。

秘密基地へ繋がる階段もつけて。

 

錆びた鉄骨の梁や柱はそのままに。

ちょっと無骨で、男臭さを感じる空間。

 

Kさんのこだわりは家の外にも。我々のワクワクも止まりません。とにかく愉しくて面白い空間にしよう!と、何度も何度も打ち合わせを重ねた倉庫リノベも、ようやくカタチになりました。

 

 

 倉庫に入るとまず目に飛び込んでくるのはショッキングピンクの外壁。黒一色だった家の外観とはガラリと変わり、別世界に来たような感覚になります。

 奥へ進むと、壁一面に木材が貼り巡らされた空間が。Kさん一番のお気に入りの場所です。家の外だけど中でもあるこの空間では、ソファーを置いてくつろいだり、バーベキューをしたり。夜はしっとりお酒を嗜んだりも。雨の日は、車を降りてそのまま家の中へ入ることもできます。

 外からは見えない倉庫の中では、遊び心が大爆発。文句なしの、愉しくて面白くてワクワクする空間が出来上がりました。

 

倉庫の中の家-otona_renovation_k-10鉄骨の倉庫内部。約半分のスペースを住居とアウトドアリビングに改修。

 

倉庫の中の家-otona_renovation_k-11-2壁一面に貼られた木材は、既存建物の解体で出た廃材を再利用。

 

倉庫の中の家-otona_renovation_k-12倉庫の中だからこそ実現できた、ショッキングピンクの外壁。

 

倉庫の中の家-otona_renovation_k-13狭いようでちょうど良い。暮らしやすさを追求した、ちょうどぴったりの家。

 

倉庫の中の家-otona_renovation_k-14

倉庫の中の家-otona_renovation_k-15

釘この家で使っている技術