家

通り土間と雪見障子の優雅な棲家

20年以上お付き合いのあるご夫妻からのご依頼で、今までは倉庫として使われていた建物を、高齢になられた夫婦の終の棲家にリノベーションしました。

奥様がインテリアコーディネ―ター。ご主人が骨董品のコレクター。お二人の収蔵品を見て楽しむという、ある意味優雅な趣味のお二人が羨ましい限りです。

1階はご夫婦の生活スペース。
通り土間があり、縁側からリビングに上がるようになっていて、大きな1LDKの場を作り出しています。
床は杉の板を貼り、タイルはモザイク。照明器具は奥様のコレクションの中から選んでいます。縁側の雪見障子は50年以上を経て使われています。なかなか寸法的に収まらず、色々と苦労はありましたが、見事に馴染んでいます。

2階はご主人の趣味の部屋。
此処はべニア合板を突き合わせで貼っただけの仕上がりで済ませています。これは弊社も初めて施工する仕上げで目違いが起きないのか?不安が残るのですが、ご主人は和風園を見下ろしながら骨董品を愉しんで居られます。

工事種別
リノベーション
構造
木造 2階建て
築年数
50年

釘この家で使っている技術