家

あの頃を懐かしむ家

施主がこの地に生まれ育って36年。それと同じ年月を過ごしたお家をリノベーションしました。3世代で安心して過ごせるよう、しっかりと耐震補強をし、36年の思い出とともに、また新たな思い出を刻む家づくりが始まりました。リビングキッチンの壁に敷き詰めた板は、リノベーションの際に、この家から出た廃材。この壁には、築36年の思い出が沢山刻み込まれていて、いつでもそれを思い出すことができます。LDKと、和室の間の欄間も当時のまま。あえて見せたのですが、和と洋の境目に違和感なくなじみ、ふすまを開ければ、子供たちが走り回れるほど広い空間が広がります。“昭和”を意識した増築の部屋。室内土間に足を下ろせば、お茶でも一杯・・・いつでもホッと一息つける場所に。

 

廃材の壁

リビングキッチンの壁に敷き詰めた板は、リノベーションの際に、この家から出た廃材。この壁には、築36年の思い出が沢山刻み込まれていて、いつでもそれを思い出すことができます。

 

廃材の壁

リビングキッチンの壁に敷き詰めた板は、リノベーションの際に、この家から出た廃材。この壁には、築36年の思い出が沢山刻み込まれていて、いつでもそれを思い出すことができます。

 

釘この家で使っている技術