住宅

ラム物語2  by豊田

今回も前回に続きラムの話をしたいと思います。

今回の出来事も故障です。そろそろ楽しい思い出話がしたいのですが、残念な現実です。。

 

今回の故障は今までの故障とは一味違います。今までの不具合では車を動かすことができたので、車屋さんまで運んで見てもらっていました。

しかし、今回は自走不可能となってしまいましたので、会社の駐車場でお留守番しています。

 

本題に入ります。

 

今回の故障に気が付いたのは、通勤中の出来事です。走行中、ボンネットの方からシュルシュル、キュルキュルというような異音がしました。車内にはゴムが焼けるような異臭もしました。この時点で何かがおかしいと思いながら、何とか会社に着きました。

煙も出ていなかったので、気のせいかな?と思いながら1日仕事しました。

 

その日の仕事を終え、帰宅しようと車に乗り、エンジンをかけると、朝よりも大きな音でシュルシュル、キュルキュル鳴りました。もちろん朝と同じ異臭もしました。

とりあえずエンジンを切り、ボンネットを開けて中を見てみました。煙は出ていなかったのですが、異臭が強くなりました。原因はやはりエンジン回りだと感じました。

 

父親が車の整備をしていたので確認すると、乗らない方がいいと言われ、迎えに来てもらいました。アメ車屋さんにも電話して確認してみました。

朝乗れたなら多分大丈夫だと思います。持ってきてくれれば見ますよ。と言われました。

現場に着いた父親に状態を見てもらうと、ベルトテンショナーが壊れ外れていて、ファンベルトが金具に擦れていたため、異音と異臭がしたということがわかりました。

この状態で走行すると他の場所まで壊れてしまうおそれもあり、自走不可能ということでした。

アメ車屋さんもこの状況の写真を送ったところ自走不可能だと言われました。

最初に言われた多分大丈夫を信じて乗っていたら、、、恐ろしい、、、

後日アメ車屋さんにも見に来てもらい、交換するのはテンショナーとファンベルトの2つで良さそうとのことでした。

しかし、部品が日本にはないからアメリカから取り寄せになります。部品だけで2万円します。部品が来るのに最短でも2週間はかかるでしょう。とのことでした。

 

金額はいくらかかるのか、時間はどのくらいかかるのかわからないまま、代車生活を送っている現状をお話しさせて頂きました。

次回のコラムでは金額と時間の事も報告出来たらと思っています。

スタッフコラム一覧へ