住宅

小さなエリアで生きていく その3  by河村

先日酒類販売管理研修という研修を受講してきました。ミドリバシは酒類小売業免許を取得しました。飲食店の許可はありますから店内でお酒を楽しんでいただく事はもともとできたのですが、お酒をボトルで販売する事も可能になりました。

 

つまり、ミドリバシは酒屋にもなれる事になりました。で、私河村が酒類販売管理責任者になりました。名実ともに酒屋さんに『も』なりました。笑

 

その他にも、岐阜市の中央卸売市場取引先をご紹介していただいて、岐阜に入ってくる魚の仕入れのも出来るようになりました。岐阜の川漁師さんとも知り合う事が出来て直接取引できるようになりました。なんと魚屋さんに『も』なれそうです。

 

ちなみに先日まで野菜を仕入れて販売出来ていましたから、八百屋さんに『も』。

 

そろそろスーパーマーケットミドリバシが開店できそうです。

 

その他にもミドリバシのWI-FIの速度を上げる工事を行いましたから、WEBのライブ配信も出来るスタジオに『も』なります。

 

新しく出来るコトを増やして新しい世界の仲間に出会ってミドリバシを通してまちに還元していく。このサイクルが新しい自分を作る。

 

小さなエリアに私たちが出来るコトは何?

 

いや、私自身が出来るコトは何? 

 

あらゆるチャレンジに対して自分が主人公になってみる事で自分の取り巻く世界がどんどん豊かになるのを感じています。

スタッフコラム一覧へ