住宅

大垣を日本一愉しい街にする  by桐山

『古民家ミドリバシ』で6月の1か月間、月・火・木曜日に超早朝モーニングを開催しています。近隣の高齢者の方は朝5時半頃から散歩をされるので、6時に開店して8時には閉店するという2時間営業の店です。

知り合いの輪之内のピープルズコミュニティの方が、取れたて野菜を届けてくれます。これを弊社の社員が販売します。来場数は毎日バラバラですが、多い日は20人を超えます。弊社は設計士ばかりで物を売った経験がありませんが、これが愉しいようで生き生きとやってます。

円頓寺の街おこしをされている市原さんに、「街に賑わいを作る為には、常に誰かが居る事、または開店している事が重要」だと指導して頂いたので、赤字覚悟でやってみました。やはり赤字ですが、100円、500円の普段仕事では扱わない単位の金額(普段は少なくとも万単位)を稼ぐことが如何に大変か?が分かったようです。

何事もお客様の困り事を聞いて事業にして行く事が重要であると気付いた1か月でした。残り1日となって、7月13日から我々の店を引き継いで運営をして頂ける方が見つかりました。もっとこのような店を増やして行きたいと計画しています

スタッフコラム一覧へ