住宅

縁を育むことが私たちの仕事  by奥村

緊急事態宣言も解除され、少しずつ新型コロナウイルスの感染も減っているニュ-スを聞くと嬉しいです。皆さまもいろんな場面で影響が出ているかと思いますが、体調には十分お気をつけ頂き、一日も早く恐れのない暮らしに戻れることを願っています。

新型コロナは人と人との距離を離しました。「膝を突き合わせる」という言葉がありますが、今は人に向かって話しをするどころかオンライン以外会いに行くこともできません。かつてニュ-スで上皇陛下が被災地に出向かれ、膝をついて目線を下げて語られるお姿を拝見し心打たれましたが、そのようなお姿も今後は見られなくなるのでしょうか。膝を突き合わすことは人に寄り添ったり、その人のことを深く知ろうとする行為のひとつでもあり、それができなくなることは非常に歯がゆい感じがします。飛沫感染防止用のアクリル板やビニ-ル越しでしか話ができず、人との繋がりが薄れていく気がしますが、感染を防ぐためには仕方がないと思います。ソーシャルディスタンスに終わりが来るのかと考えるとここ数年は抑制されると思っています。しかし弊社の理念は「縁を育む」です。人との関係性を育むことがミッションです。建築を通じて人と人、人と場所、人と機会を繋げることで暮らしを豊かにし大垣をおもしろい街にすることが目標です。家のプランをするときもそうですが、条件に抑制されるほど以外に面白いアイディアが浮かぶものです。今の状況を好機ととらえてトライアンドエラ-を繰り返しながら今後も貢献できるように挑戦していきたいと思います。

縁を育むことが私たちの仕事-staffcolumn202005vol03-01

スタッフコラム一覧へ